• ホーム
  • トレンド
  • 「コロッケのころっ家」と「八千代パン」が同時オープン! 勝田台でコラボも楽しめる

「コロッケのころっ家」と「八千代パン」が同時オープン! 勝田台でコラボも楽しめる

販売戦略

2021/12/14 06:00

 不動産事業・建設事業のクローバーホームは、こだわり素材のコロッケ専門店「コロッケのころっ家 勝田台店」と、パティシエ監修の食パン専門店「八千代パン 勝田台工房」の2店舗を、千葉県八千代市勝田台にオープンした。

 12月12日には、オープニングセレモニー&コロッケ人形除幕式に「コロッケのころっ家」を総合プロデュースするものまねタレントのコロッケさんも来店。末永く地域に愛される店舗を目指す。
 
コロッケ氏とコロッケ人形

 「すべての家庭の食卓を少しでも明るくしたい」というコロッケさんの願いから生まれたのが、本格コロッケ専門店「コロッケのころっ家」。全国から取り寄せた厳選食材を贅沢に使用したオリジナルコロッケを約10種類提供し、毎日の食卓や、気の利いた差し入れ、手土産と活躍する。全国展開する「コロッケのころっ家」としては初めて、同時オープンする「八千代パン」とのコラボレーションとして、他では食べられない「コロッケパン」も販売する予定。

 「八千代パン 勝田台工房」は、近所の常連さんのお散歩ついでに立ち寄ってもらえる、毎日の朝食に並ぶ焼き立てのパン屋を目指している。シンプルな「焼き食パン」としっとり滑らかな「生食パン」のほか、フレーバー食パンの全6種類をラインアップ。しっとりと水分を含んだクラム(内側)と舌触りを感じさせないほど滑らかなクラスト(パンの耳)が「プリン」のような柔らかい食感を作り上げ、老若男女問わず支持されている。

 そのままはもちろん、トーストやサンドイッチ、フレンチトーストなどさまざまなアレンジで現代の食卓にかかせない「食パン」と、どこか懐かしさを思い起こさせる、じゃがいもたっぷりの熱々の「コロッケ」は、ともに身近で誰からも愛される食べ物。今回オープンする「八千代パン勝田台工房」は、「成田パン東町工房」、「船橋パン薬園台工房」に続く千葉県3号店目となり、引き続き千葉県内に両業態を出店する予定。

オススメの記事