• ホーム
  • トレンド
  • アジアのインスタント麺が約200種類も! ラオックスの新業態店「亜州太陽市場」がオープン

アジアのインスタント麺が約200種類も! ラオックスの新業態店「亜州太陽市場」がオープン

経営戦略

2021/11/22 20:30

 ラオックスは、新業態となるアジア食品専門店「亜州太陽市場」を11月25日、東京・吉祥寺にグランドオープンする。

ラオックスのアジア食品専門店「亜州太陽市場」

アジアの食品で日本最大級の品揃え

 亜州太陽市場は、中国・台湾・韓国・ベトナム・タイを中心とするアジア地域の本場、本物の味を日本の食卓に届ける。アジアの明るく開放的な“Sunshine Market”をコンセプトにした店内は、ホワイトを基調に清潔感のある空間を演出。現地のマーケットの熱気や活気が感じられる異国情緒あふれるオリエンタルな装飾を随所に施している。
 
ホワイトを基調にした清潔感のある売り場

 店内には、1400アイテム以上のアジアの食品、食材、飲料などを日本最大級の品揃えで用意。インスタント麺をはじめとする麺類約200種類、現地の味の再現に不可欠な調味料約240種類、バラエティに富んだお菓子約140種類など、日本では珍しいレア商品まで多彩なラインアップで展開する。
 
アジアの商品約1400アイテム以上で日本最大級の品揃え

 他にも、お茶やジュースなどのソフトドリンク約100種類、ビールやチャミスル、マッコリなどのアルコール約80種類、主食系から惣菜系、スイーツ系などの冷凍食品約100種類、カレー火鍋などのレトルト食品約180種類なども揃える。

 また、新大久保の韓国料理・延辺家庭料理店「金達莱(きんたつらい)」の人気メニューを惣菜や弁当として同店限定商品として販売する。さらに、チャイニーズバーガーや点心、スイーツなど、本場アジアンフードのテイクアウト商品を用意し、吉祥寺での食べ歩きも楽しむことができる。

 オープン同日には、亜州太陽市場のオンラインストアもスタートする。オンライン上でも、亜州太陽市場の世界観を表現し、本場・本物のアジアの味を顧客の食卓に届ける。今後、実店舗とオンラインストアの連携を加速させ、顧客がどちらの店舗を利用してもスムーズに買い物ができるシームレスなショッピング体験の提供を目指す。また、公式アプリも新たに用意し、新商品やキャンペーン、お得なクーポンなど様々な情報を提供していく。

オススメの記事