• ホーム
  • トレンド
  • 新型コロナワクチン接種証明(電子版)の概要判明、マイナンバーカードと対応スマホが必要

新型コロナワクチン接種証明(電子版)の概要判明、マイナンバーカードと対応スマホが必要

時事ネタ

2021/11/18 19:00

 内閣官房、デジタル庁、総務省、厚生労働省は、「新型コロナワクチン接種証明(電子版)」の概要を公表した。申請受付は2021年12月頃に開始する予定。

「首相官邸(新型コロナワクチン情報)」の
公式アカウントのツイート

 スマートフォン(スマホ)上で専用アプリから申請すると、新型コロナウイルス感染症の予防接種となる新型コロナワクチンの接種履歴を証明する紙の証明書(海外渡航用限定)と同様の内容と、電子版のみの二次元コードが表示可能になる。表示は「接種済みであることのみを確認できるレベル」「二次元コードのみを確認できるレベル」「二次元コード+(コードに含まれる)情報が表示できるレベル」の3段階から選択できる。偽造防止対策も施す。

 申請にあたってマイナンバーカードとマイナンバーカードを読み取り可能なスマホが必要。マイナンバーカードを読み取り可能なスマホとは、具体的にはiPhone 7以降のiPhoneと、総務省がウェブサイト(https://www2.jpki.go.jp/prepare/pdf/nfclist.pdf)で公開している動作対応機種一覧に記載のNFC搭載Android端末を指す。

 マイナンバーカードは申請から交付までおおむね1カ月かかるため、業務やイベント参加などで「新型コロナワクチン接種証明(電子版)」が今後必要となる場合は、早めにマイナンバーカードの交付申請を行うよう呼びかけている。

 なお、新型コロナワクチン接種証明(電子版)について、デジタル庁が実施した意見募集の結果、事業者へのAPIの提供は延期することになった。早期にサービスを開始した上で、ニーズを踏まえてサービスの拡張を検討する。

オススメの記事