今年最後の“祝日”迫る! クリスマスは土曜日に

時事ネタ

2021/11/04 07:00

 11月3日の「文化の日」が過ぎ去り、2021年の祝日も残すところあと1日になった。今年最後となる祝日は、11月23日火曜日の「勤労感謝の日」だ。

今年最後の祝日が近づいてきた

 平成の時代には、さらに12月23日の「天皇誕生日」があったが、令和では2月23日になっている。12月ははすでに祝日がないので注意が必要だ。また、21年のクリスマス当日は土曜日になっている。

 さらに、22年は土曜日スタート。三が日が適用される場合、土日は被ってしまうが3日の月曜日は休みだ。この間に気持ちを切り替えて、晴れやかに新年を迎えたい。

オススメの記事