nanaco、Apple Payサービス開始 iOS 15.0以降で利用可

 セブン・カードサービスが展開するセブン&アイグループの電子マネー「nanaco」は、iOS版「nanaco」アプリを新たに配信し、nanacoをAppleのウォレットサービス「Apple Pay」で利用できるサービスを10月21日に開始した。

セブン&アイグループの電子マネー
「nanaco」がiPhone/Apple Watchでも利用可能に

 アプリでは残高確認などが可能で、たまったnanacoポイントはアプリ上ですぐに電子マネー(nanaco)に交換できる。保有するnanacoカード(虹色デザインのカードのみ)からの取り込みと新規発行(無料)の2通りから選択できるが、nanacoカードから取り込んだ場合にnanacoカード発行手数料の返金はない。
 

 現金、クレジットカード、ポイントなど、複数のチャージ方法に対応するが、アプリからのチャージはセブンカード・プラス、セブンカードのみ。このほかApple Payでもチャージでき、Mastercard、JCB、AMEXブランドのクレジット/デビット/プリペイドカードからのチャージが可能。アプリにセブンカード・プラス、セブンカードで登録するとオートチャージにも対応する。

 また、対象のセブン&アイグループアプリ(セブン‐イレブンアプリ・イトーヨーカドーアプリ・デニーズアプリ)にnanaco番号を登録して当該店舗で購入すると、nanacoポイントとセブンマイルの双方がたまる。対応機種はiPhone 8以降、Apple Watch Series 3以降。対応OSはiOS 15.0以降/watchOS 8以降。

 nanacoは、全国のセブン&アイグループ各店をはじめ、nanacoマークのある全国約80万店(21年6月末時点)で使える。nanacoが使えるようになった店舗はエディオン、日高屋、ジョイフル本田、アミーゴ、幸楽苑。nanaco利用時のポイント付与率は店舗によって異なり、セブン&アイグループは税別または税込200円ごとに1ポイントを付与する。

オススメの記事