• ホーム
  • トレンド
  • ahamoが選ばれる三つの理由に注目! 住み続けたい街やPayPay、うに食べ放題も

ahamoが選ばれる三つの理由に注目! 住み続けたい街やPayPay、うに食べ放題も

時事ネタ

2021/10/16 12:30

 【話題のニュースダイジェスト】 2021年10月8日~14日の期間、「BCN+R」のニュースで最も注目を集めたのは、キャリアのスマホ新料金プランの中で、ahamoが最も選ばれている三つの理由を説明する記事だった。また、住み続けたい街ランキングやPayPay加盟店の手数料有料化で解約意向が21.8%の理由に関する記事も注目が高かった。

スマホ新料金プラン、1位の「ahamo」が選ばれる三つのワケ

 正モバイルが運営する「正モバイル」は、20~60代の男女500人を対象に「ahamo」「povo2.0」「LINEMO」「donedone」で一番良いと思う大手携帯電話会社の新ブランド(新料金プラン)についてアンケートを実施した。
 
正モバイルの調査データ

 調査の結果、一番良いと思う新ブランドは「ahamo」が、500人中217人と最も多いことがわかった。その理由として、多くの人が第一に「ドコモという安心感と信頼」という点を挙げていた。第二は「取り扱う端末が豊富」。第三に、「料金体系のわかりやすさと、コスパの良さ」が挙がった。

住み続けたい街ランキング、3位は文京区 2位は中央区 1位の「市」は?

 リクルートのSUUMOリサーチセンターは、「住んでいる街に住み続けたいか」という“継続居住意向”に関する実態調査を実施。上位の自治体や駅、その特徴傾向、街の魅力項目について結果を発表した。
 
「住み続けたい自治体ランキングTOP50」
(SUUMOリサーチセンター)

 調査対象は、関東圏にある各駅から6km以内に在住の20歳以上の男女で、インターネットによるアンケート調査で実施された。1次調査で、住んでいる街への継続居住意向を調査、2次調査で、住んでいる街の魅力などについて調査した。調査期間は2021年1月14日~2月1日で、有効回答数は1次調査が30万6948人、2次調査がその内の4万2947人。

 住み続けたい自治体ランキングTOP10には、2位中央区、3位文京区、6位港区、8位渋谷区など23区が多数ランクイン。注目の1位は「武蔵野市」だった。

PayPay加盟店、手数料有料化で解約意向が21.8%の理由は?

 MMD研究所は、9月17日から21日の期間に実施した「2021年中小個人店経営者からみるコード決済調査」の結果を発表した。調査は、22歳から69歳の男女で決済サービスの導入決定権をもっている、または決定権はないが自分の意見も反映できる立場にありPayPayを導入している店舗オーナー500人と、決済サービスの導入決定権をもっている、または決定権はないが自分の意見も反映できる立場にあるコード決済未導入の店舗オーナー500人を対象に行った。
 
スマホ決済手数料の有料化により加盟店の動きに変化が出てきている

 PayPay加盟店オーナーに、10月からPayPayの手数料が有料化した後もPayPayを継続利用したいか聞いたところ、「有料化に関わらず継続利用したい」が37.0%、「どちらとも言えない」が41.2%、「有料になるまでは継続利用したい(無料期間が終わる時に解約する)」が17.6%、「今すぐ解約したい」が4.2%となり、「有料になるまでは継続利用したい(無料期間が終わる時に解約する)」と「今すぐ解約したい」を合わせた解約意向は21.8%となった。

 PayPayの手数料が有料化した後、PayPayを解約したい、または今すぐ解約したいと回答した109人を対象に、解約したいと思う理由を複数回答で聞いたところ、「PayPayにより手数料がまかなえるほど利益が生まれていないから」が最も多く57.8%、次に「導入後、売上が上がっていないから」が23.9%、「導入したもののあまり使われていないから」が19.3%となった。

オープン1周年記念で、829円の「うに食べ放題」と「日本酒飲み放題」!

 「馬ちゃ 三軒茶屋店」は、オープン1周年記念キャンペーンを10月22~26日の5日間限定で開催する。
 
「霜降りウニのっけ 食べ放題」

 キャンペーンでは、10月22日・23日に、貴や伯楽星、鳳凰美田など豪華10種類の「日本酒飲み放題」を829円で提供する。また、10月24日には「霜降りウニのっけ 食べ放題」を829円で提供する。国産高級ウニを大量に用意している。さらに、10月25日・26日は、生ビールを82.9円、角ハイボールを8.29円で提供する。
 

スウェーデン生まれの万能調理器! 「オメガヴィスペン」

 料理に欠かせないキッチンツールは数多くある。菜箸、ヘラ、フライ返し、お玉、泡立て器、穴あきお玉、マッシャーなどこだわるほどにどんどん増えていく。実際、筆者も引っ越したときにキッチンツールセットを購入して、便利にはなったがキッチンがごちゃついてしまった。あればあるだけ使ってしまうので、洗い物も増えがちだ。
 
「オメガヴィスペン」はネットショップで1300円前

 そんな悩みを解決してくれるのが、「オメガヴィスペン」というキッチンツールだ。スウェーデン生まれのこのアイテムは、炒める、混ぜる、つぶす、すくう、撹拌する、溶かす、こねる、ざく切り、和えるといった調理がこれ1本でできる。本記事では実際に使ってみた様子を詳細にレポートしている。

オススメの記事