• ホーム
  • トレンド
  • ARで目指す「街のメディア化」、小学館が「ARタウン」の提供開始

ARで目指す「街のメディア化」、小学館が「ARタウン」の提供開始

販売戦略

2021/10/14 16:17

 小学館とプレティア・テクノロジーズ(プレティア)は業務提携の一環として、最先端のAR(拡張現実)技術を使った地域活性化の取り組み「ARタウン」を開始する。

ARタウン」構想がスタート

 ARタウンでは、その地域に合わせた情報やエンタテインメント、コミュニケーションツールを提供することで「まち」を盛り上げ、そこで暮らす、または訪れる人々に役立ち、よろこんでもらえるような様々な企画を提供していく。

 小学館は、紙の本の出版に始まり、映像化、イベント、そしてウェブサイトまで、時代に合わせた様々な方法でメディアを展開してきた。今回は、街そのものをメディア化するという新たな試みに取り組む。

 プレティアは、手軽で低コストで「その場所」に紐付いたARを開発できるARクラウドプラットフォーム「Pretia」の研究開発を進めている。この技術が、今回の取り組みを実現させるカギとなっている。
 
街のメディア化」で地域活性化を目指す

 ARタウンプロジェクトでは今後、各地域に合わせ、その街の特徴に沿ったサービスを展開していく予定。「街の歴史」「観光情報」「お店のナビゲーション」から「街のクイズ」や「ARゲーム」まで、街のあちこちにコンテンツを配置し、スマートフォンを通して体験していくことができる。キャラクターと一緒に写真が撮れたり、ユーザー同士でコミュニケーションがとれるなど、様々な可能性を探っていく。

 両社は、AR技術を使った「街のメディア化」で、「その街ならではの魅力」を伝え、「その街のファン」を増やし、ひいては地域の活性化につなげていく考え。

 なお、小学館ではARタウンプロジェクトを一緒に取り組む自治体、観光協会、企業を募集している。

オススメの記事