• ホーム
  • トレンド
  • 「ワクチン接種会場でマイナンバーカードの申請ができます」 一部の自治体で実施中

「ワクチン接種会場でマイナンバーカードの申請ができます」 一部の自治体で実施中

時事ネタ

2021/09/09 19:00

 愛媛県新居浜市など一部の自治体は、新型コロナウイルスワクチン集団接種会場にマイナンバーカードの出張申請窓口を開設。ワクチン接種後の待機時間を活用し、1度目または2度目のワクチン接種と同時にマイナンバーカードの交付申請を行うことができるようにした。当日のワクチン接種者に限らず、市民なら誰でも申請可(予約不要または要予約)の自治体もあり、申請窓口の設置位置や運営体制にあわせて工夫している。

新居浜市の告知

 ワクチン接種会場でのマイナンバーカード交付申請は、「スマートフォン・パソコンを利用したオンライン申請」「郵送による申請」「『まちなかの証明写真機』からのオンライン申請」「平日のみ受け付けている市役所や地区センターでの申請」、いずれも利用できない人にとってはマイナンバーカードを作る絶好のチャンスだ。詳細は居住する自治体のウェブサイトで確認してほしい。

 ちなみに、多くのマイナンバーカード出張申請窓口では、必要書類の記入や本人確認後、自治体職員がタブレット端末で顔写真を撮影し、後日、「本人限定受取郵便」でマイナンバーカードが届く「申請時来庁方式」を採用している。顔写真の撮影は無料。このフローは、「スマートフォンからのオンライン申請+市役所などの窓口でマイナンバーカード受け取り」に比べ、証明写真の撮影代や撮影の手間がかからず、自治体職員による手助けも受けられるので、人によっては楽と感じるはずだ。
 
マイナンバーカードの交付申請方法

 マイナンバーカードの人口に対する交付枚数率は、2021年8月1日時点で36.0%。普及拡大(交付枚数率アップ)に向け、将来的には、運転免許証と同じ「即日交付」の仕組み構築が不可欠だろう。それぞれの利便性を高める、マイナンバーカードと運転免許証との一体化は2024年度末を目標としている。(BCN・嵯峨野 芙美)

オススメの記事