• ホーム
  • トレンド
  • 楽天ペイ、中小規模の新規加盟店は手数料0円! 10月から1年間実施

楽天ペイ、中小規模の新規加盟店は手数料0円! 10月から1年間実施

 楽天ペイメントは8月25日に会見を開き、スマートフォン決済サービス「楽天ペイ」で2021年10月1日~22年9月30日まで、年商10億円以下の中小規模の新規加盟店を対象に「中小店舗様応援!決済手数料実質0円キャンペーン」を実施する。あわせて「1年間ずーっと!毎月全額還元抽選キャンペーン」も開催する。

楽天ペイメントの「中小店舗様応援!決済手数料実質0円キャンペーン」

 中小店舗様応援!決済手数料実質0円キャンペーンは、8月25日以降に「楽天ペイ」に申し込んだ中小加盟店が対象。キャンペーン期間中、2次元コード決済の手数料を上限なしで全額キャッシュバックする。

 また、通常「楽天銀行」以外の口座を売上金の振込先に指定した場合は振り込みのたびに手数料が発生するが、同キャンペーンの適用中は毎月1回自動で入金され、この振込手数料も22年9月分まで同額キャッシュバックする。

毎月抽選で500人に最大1万円相当のポイント還元

 1年間ずーっと!毎月全額還元抽選キャンペーンは、加盟店向けのキャンペーンと同期間、楽天ペイアプリの全利用者を対象に開催する。キャンペーンにエントリーすると、毎月抽選で500人に楽天ペイによる実店舗での1カ月分の支払い額を全額ポイント還元(上限1万ポイント)する。
 
「1年間ずーっと!毎月全額還元抽選キャンペーン」

 さらに、「楽天モバイル」と初の1年間共同企画のキャンペーンも開催。楽天ペイアプリ利用者は、キャンペーンエントリー後に料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を新規で申し込み、「Rakuten Link」を利用すると、申し込み当月と翌月の「楽天ペイ」支払い額20%分のポイント還元(上限1000ポイント)を受けることができる。
 
楽天ペイメント 楽天ペイ事業本部 小林重信本部長

 当日、会見に登壇した楽天ペイ事業本部 小林重信本部長は、「楽天は1997年に誕生してから成長を続け、2020年度はグローバル流通総額が22兆円、売上収益が1兆4555億円に成長している。軸にあるのは会員数1億人以上の楽天エコシステム。2020年度の年間ポイント発行数は約4700億円で、90%以上のポイントが消化されている。また、売り上げの約35%を占めるフィンテックも重要な柱。さらに成長させていく」として、今後は楽天ペイで中小規模加盟店の開拓を進めていく方針を明らかにした。

オススメの記事