• ホーム
  • トレンド
  • 再配達率が3年で半減の7.9%に!OKIPPAアプリのユーザー調査で

再配達率が3年で半減の7.9%に!OKIPPAアプリのユーザー調査で

時事ネタ

2021/07/17 08:30

 Yperは7月15日に、同社が提供する置き配バッグ「OKIPPA(オキッパ)」利用者の、最新の再配達率を公表するとともに、「OKIPPA」アプリ利用者を対象に実施した最新のアンケート結果を公開した。

「OKIPPA」アプリ利用者の再配達率は国交省のサンプル調査よりも低い値に

 2021年6月末時点での、「OKIPPA」アプリ利用者の再配達率は7.9%で、国土交通省によるサンプル調査の結果と比較すると、常時3~5ポイント程度低い再配達率で推移している。
 
「OKIPPA」アプリのおもな利用者は30~50代の単身・共働き世帯で通販のヘビーユーザー

 同社が、「OKIPPA」アプリ利用者に行ったアンケート調査によれば、「OKIPPA」アプリ利用者の中心は30~50代の単身・共働き世帯であり、約7割が通販のヘビーユーザーで、「OKIPPA」バッグ利用率は92.4%だった。
 
「OKIPPA」アプリ利用者のほとんどが外出時に非対面受け取りを実施。
約半数は在宅時も非対面受け取りを選択

 「OKIPPA」アプリ利用者のほとんどが、外出時に「OKIPPA」バッグを含む宅配ボックスや置き配など、非対面受け取りを実施しており、在宅時も約半数が完全非対面での受け取り方法を選択していることが明らかになっている。
 
非対面受け取りを実施する理由は「再配達を申し訳なく思うため」が最多

 「OKIPPA」バッグや置き配など、非対面受け取りを実施する理由としては、「再配達を申し訳なく思うため」がもっとも多く、新型コロナウイルス感染症対策も約3割に達した。
 
「OKIPPA」アプリを使っていても再配達がゼロにならない理由は「宅配ボックスなどが満杯」
「対面受け取り必須の荷物やクール便の荷物」

 そのほか、「OKIPPA」アプリ利用者の再配達率は、国交省のサンプル調査による値よりも低い一方で、ゼロになっていない理由として1日に複数個の荷物受け取りがある場合に、「OKIPPA」バッグや宅配ボックスが満杯になってしまうこと、対面が必須な荷物や一般的な宅配ボックスや置き配に対応していないクール便の荷物がそれぞれ3割程度を占めていることが挙げられている。

オススメの記事