• ホーム
  • トレンド
  • 暑い夏、冷やし麺の夏 デリバリーアプリ「menu」が配達無料キャンペーン開始

暑い夏、冷やし麺の夏 デリバリーアプリ「menu」が配達無料キャンペーン開始

販売戦略

2021/07/08 17:05

 フードデリバリー&テイクアウトアプリのmenuは7月2~15日まで「menu 、 冷やし麺のデリバリーはじめました。」特集を開始した。期間限定で配達無料のキャンペーンを実施しており、暑い夏にぴったりの冷やし麺を割安で楽しむことができる。

麺屋武蔵の「冷やし塩ら~麺(柑橘入り)」

 コロナ禍が長期化する中、外出自粛傾向が続くことでここ最近は季節を感じづらくなっていると考える人もいるかもしれない。そこでmenuは、夏の風物詩として愛されている「冷やし中華」を始め、「冷やしラーメン」や「冷やしパスタ」といった近年急速に普及している「冷やし麺」のキャンペーンを開始。1500円以上の注文を対象に配達料を無料にしている。

 特集の対象店舗では、ラーメン評論家の大崎裕史さんや食べログフォロワー日本一の川井潤さんといった各界のグルメ人とタッグを組んだことで、有名チェーン店から知る人ぞ知る個人経営店までを網羅している。以下は対象店舗の一部だ。
 
夏に食べたくなる冷やし麺が今なら配送料無料

 麺屋武蔵の「冷やし塩ら~麺(柑橘入り)」。大崎裕史さんおすすめの冷やしラーメンで、柑橘ジュレのさっぱり感とラーメンのこってり感が新感覚を生み出している。価格は1500円で、渋谷や新宿、池袋などで提供している。
 
つるとんたんの「明太子の冷たいおうどん」

 つるとんたんの「明太子の冷たいおうどん」。川井潤さんおすすめの冷やしうどんで、手打ちで氷締めしたうどんと明太子の辛みが絶妙に絡み合う一品。価格は1480円で、有楽町や大手町、六本木などで提供している。

 本来、麺類は提供時に適切な温度で食べられなかったり、配達中に麺が伸びてしまったりとデリバリーには向かないメニューだが、今回のキャンペーンでは各店舗と協力して麺や容器、スープをデリバリー仕様にすることで、ベストな状態で食べられるようにしているという。今年もまた暑い夏が始まる。冷たい麺で夏バテを乗り切ろう。

 なお、同キャンペーンのクーポンは他クーポンとは併用できず、テイクアウトの際は利用できない。1500円以上の品をデリバリーで注文したときに使えるので注意しよう。
 

オススメの記事