• ホーム
  • トレンド
  • 今度こそ終了? マイナンバーカード作成で最大5000円相当もらえるチャンスは4月末まで!

今度こそ終了? マイナンバーカード作成で最大5000円相当もらえるチャンスは4月末まで!

 マイナンバーカードの普及とキャッシュレス決済の普及・促進を兼ねた「マイナポイント」は意外によくできた仕組みだと見られているが、「手間の割にメリット(お得)が少ない」「セキュリティが不安」という声は大きい。いったん発表された期限から1カ月延長された、マイナポイント付与の条件となるマイナンバーカードの交付申請期限の4月30日が近づきつつある。

マイナポイントがもらえるマイナンバーカードの交付申請期限は4月30日
 
最終日間際のオンライン申請はアクセス集中による混雑が予想されている

 今年4月1日時点で、人口に対するマイナンバーカードの交付枚数率は28.3%。交付申請からカード受け取りまで最短でも1カ月を要するため、3月末の駆け込み分は、反映されていない状態で3割近くまで上昇している。再度の期限延長はないとみられるが、さらなる交付枚数率アップのため、もしかしたら再び延長されるかもしれない。
 
最新のマイナンバーカード交付枚数率(2021年4月1日時点、総務省のウェブサイトより)

 マイナンバーカード保有者は、マイナポイントを申し込んで、選択したキャッシュレス決済サービスを利用すると、利用額の25%・最大5000円相当のポイントや電子マネー残高がもらえる。クレジットカードの新規入会以外で、「5000円プレゼント」はあまりないチャンス。スマートフォン決済サービスの還元キャンペーンですら、最近は1000円相当、500円相当など、還元上限が低く設定されており、一人5000円相当、家族4人で2万円相当が戻るマイナポイントは、お得が少ないどころか、むしろ大盤振る舞いだ。節約・倹約をモットーとするなら、この機にマイナポイントをゲットしよう。(BCN・嵯峨野 芙美)

オススメの記事