• ホーム
  • 業界動向
  • auの低料金プラン「povo」、顧客の声をオプションに反映するラボ開設

auの低料金プラン「povo」、顧客の声をオプションに反映するラボ開設

経営戦略

2021/03/22 19:30

 KDDIとKDDI Digital Lifeは、オンライン専用の新料金ブランド「povo」で、顧客の声を反映したオプション(トッピング)やサービス開発を推進する共創の場として、東京・虎ノ門「povo Lab」を2021年5月に開設する。

顧客の声をオプションに反映するラボを開設するpovo

 「povo Lab」は顧客やパートナー企業が参画し、外部の知見を取り入れた共創スキーム。povoにおける包括的パートナーシップを構築するCircles Asiaと共にトッピング開発を推進するとしている。

 企画は大きく二つ。KDDI以外で本業に従事する個人や学生の参加を想定し、より良いサービスを実現するためのターゲット市場調査やアイデア立案を行う「povo Power User Program」。そこで生まれたアイデアのサービス化に向け、さまざまな企業と連携しサービス開発、検証を行う「povo Business Partner Program」だ。

 開設に先立ち、povo Power User Programは最大10人の採用を目指し21年3月22日からプレエントリーを開始する。応募対象は「通信業界での経験は不問」「スマートフォンの使い方や活用方法に精通している方」「サービス向上のため、自立自走して業務を進められる方」としている。報酬や先行プロセルなどの詳細に関しては、別途エントリーの際に知らせるとしている。

オススメの記事