• ホーム
  • トレンド
  • ノーマル時代の新たなスタイル、非接触型「Tポイント募金箱」を表参道に設置

ノーマル時代の新たなスタイル、非接触型「Tポイント募金箱」を表参道に設置

 Tポイント・ジャパンは、非接触型で募金が可能な「Tポイント募金箱」のインスタレーションを3月15日から3月31日まで、東京・表参道のCOMMUNEに設置している。ニューノーマル時代の新しい募金スタイルの定着を目指したものという。

Tポイント募金箱

 募金の方法は、(1)オブジェに記されている2次元バーコードをスマートフォン(スマホ)から読み取り、(2)Tポイント募金サイトから寄付したい団体を選択、(3)「寄付する」ボタンをクリックし、寄付するポイント数を入力し完了、となる。

 新型コロナウイルス感染症によって、NGO・NPOなどの団体の中には街頭での募金活動などを中止せざるを得ない状況が発生。そこで、Tポイント・ジャパンでは、スマートフォンで1ポイントから手軽に募金できる「Tポイント募金」をプラットフォームとしてインスタレーションを設置することにした。

 今後は、表参道での募金の状況を見据えて、その他の場所でも同様の取り組みを検討しているという。なお、Tポイント募金は「Tポイント募金」インスタレーション以外にも、インターネットから直接募金することもできる。

オススメの記事