• ホーム
  • 業界動向
  • 6年ぶりに290円の「中華そばクラシック」、東日本大震災10年の節目に幸楽苑が感謝を込めて

6年ぶりに290円の「中華そばクラシック」、東日本大震災10年の節目に幸楽苑が感謝を込めて

販売戦略

2021/03/10 06:30

 福島県郡山市に本社を構える幸楽苑ホールディングスは、東日本大震災から10年という節目である3月11日に、看板商品である290円の「中華そばクラシック」を6年ぶりに復刻する。コロナ対策のため、朝食時間限定商品として販売する。

 
290円の「中華そばクラシック」

 中華そばクラシックは、2006年から15年まで税別290円で販売。昔ながらのあっさり味を再現し、鶏ガラ、豚ガラを丁寧に炊きだした透明なスープに昆布やアゴ、イワシの煮干し、サバぶしの魚介系を合わせすっきりとしたキレのあるスープに仕上げている。あっさりながらも、グルタミン酸・イノシン酸の旨みの相乗効果で、中太麺と相性がいい。18年の創業祭で再販売した際には、爆発的人気を得た。

 今回、幸楽苑では福島県の復興を応援している人への感謝、コロナ禍でも頑張っている顧客に対して少しでも元気になってほしいとの考えで、税込290円という低価格を実現した。

オススメの記事