PayPayにLINE Pay統合に向け協議開始、第1弾は加盟店の共通化

 スマートフォン決済サービス「PayPay」と「LINE Pay」は、加盟店における連携を開始すると発表した。4月下旬以降、全国300万カ所以上のPayPay加盟店のうち、ユーザースキャン方式加盟店で、LINE Payでの支払いも可能になる。また、2022年4月にLINE PayをPayPayに統合すべく協議を開始したという。

PayPayLINE Payを統合すべく協議が始まった

 ユーザースキャン方式は、ユーザーが店頭に設置されているQRコードを読み取って支払う方法。ユーザーは、一つのQRコードでPayPayとLINE Payが利用可能になる。
 
PayPayとLINE Payの加盟店が共通化される

 さらに、LINE PayがPayPayに統合された後、LINEウォレットからPayPayが利用が可能になる予定。ただ、グローバルでは台湾を中心に主要国ですでに強いリーチを獲得しているLINE Payのサービスを継続する。なお、審査などの手続きの都合で予定が変更になる可能性もあるという。

 これまで、PayPayとLINE Payは、それぞれが日本のキャッシュレス化推進を目標に掲げ、社会インフラとなる決済サービスを提供してきた。ZホールディングスとLINEの経営統合で、今後は同じグループ傘下の仲間として、双方の強みを生かし、相乗効果を生みながら同じ目標に向かっていくという。

オススメの記事