• ホーム
  • 業界動向
  • 「りそなグループアプリ」の入出金明細の表示期間が無期限に

「りそなグループアプリ」の入出金明細の表示期間が無期限に

販売戦略

2021/01/26 17:30

 りそなグループのりそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらいフィナンシャルグループ傘下の関西みらい銀行は、1月22日から、3行共通の公式アプリ「りそなグループアプリ」の入出金明細の表示期間を13カ月から無期限(2018年12月以降、マイゲート契約日の前日以降)に延長した。

りそなグループアプリでの表示イメージ

 りそなグループは、インターネットバンキングサービスを「マイゲート」と名付け、取引状況に応じ、最高ランクの「ダイヤモンド」ではマイゲートでの振込手数料が最大3回無料になるほか、共通ポイントなどと交換可能な独自のポイントがたまる「りそなポイントクラブ」を提供している。

 りそなグループアプリは、2018年2月に提供を開始した、りそな銀行・埼玉りそな銀行・関西みらい銀行の口座をまとめて管理できるアプリ。スマートフォン1台のみで利用でき、機種変更した際は前の機種では自動的にログアウトされる。今回の入出金明細の表示期間の延長で、年を越えた家計の管理が可能になるほか、「お金にまつわるお客さまの人生の歩みも一生残せるようになります」とコメントしている。なお、マイゲートでは従来通り、表示期間は13カ月となる。
 
「2018年度グッドデザイン賞」を受賞したりそなグループアプリ

 順次、機能を追加しており、19年11月にメッセージ付き振込機能、普通預金明細メモ機能、20年4月には多言語機能(英語・中国語)、海外送金サービス機能、住所変更・電話番号変更/追加機能などを追加した。

オススメの記事