Suicaでビルの入退管理、実証実験を開始

経営戦略

2021/01/25 18:53

 JR東日本スタートアップとクラウドIoTサービスを手がけるPhotosynth(フォトシンス)は、2月1日から、「Suica」を活用した新たなビル入退館システムの実証実験を開始する。

Suicaを活用した入退館システムの仕組み

 事前にインターネットで予約した来訪情報をSuicaのID情報と紐づけることで、ビルや駅業務施設の入退館受付をSuicaのタッチだけで済ませることができる仕組み。JR東日本グループはこの取り組みを通して、Suicaの新たな活用方法を創出する。

 実証実験は、JR東日本本社ビルで3月末まで同社社員を対象に実施する。訪問者(ゲスト)は、事前予約した発行者(ホスト)からのメールにSuicaのIDを入力することで、来館当日に受付に立ち寄ることなくSuicaをタッチするだけで入館できるようになる。一度登録したSuicaは次回以降、ホストに招待してもらうだけでスムーズに入館できるようになる。

 また、フォトシンスは、アクセス認証基盤「Akerun Access Intelligence」をスマートビル入退館システムの認証基盤として活用することで、Suicaの新たな活用方法の創出に貢献するとともに、“キーレス社会”の実現に向けた取り組みを今後も推進するという。

オススメの記事