• ホーム
  • 業界動向
  • 500人に総額1億円(1人20万円)を給付、最前線で戦う看護師の支援プロジェクト

500人に総額1億円(1人20万円)を給付、最前線で戦う看護師の支援プロジェクト

販売戦略

2021/01/08 09:00

 にしたんクリニックは、看護師500人に対して総額1億円(1人20万円)のサポート費用を給付する支援プロジェクトを1月6日に立ち上げた。

新型コロナ禍の最前線に身を置く看護師にサポート費用を給付するプロジェクト

 新型コロナ禍の中、看護師は精神的な負担だけでなく、業務量が増加しているにもかかわらず、給料が減り、一部の病院ではボーナスが大幅にカットされたという。

 看護学生・若手看護師向けメディアが実施したアンケートでは、看護師の2.7%が今冬のボーナスが「全面カットになった」、22.3%が「前年冬より減った」と回答している。

 同プロジェクトは、そんな看護師の厳しい状況を受けて立ち上げられたもので、感染症指定医療機関のコロナ病棟で働く看護師500人(応募多数の場合は抽選)に、総額1億円(1人20万円)のサポート費用を給付する。

 応募の受付期間は1月9日12時~15日17時で、特設サイトで受け付ける。なお、応募者の氏名などは勤務先の病院を含め、一切公表されることはない。

オススメの記事