LINE PayがApple Payに対応、LINE Pay残高でかざして決済が可能に

販売戦略

2020/12/23 19:00

 モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」が「Apple Pay」への対応を開始した。

Apple Pay」で「LINE Pay」残高による支払いが可能に

 Apple Payへの対応によって、ユーザーは「LINE」アプリ上から素早くApple Payを設定可能となり、国内121万カ所以上の店舗に設置された「iD」端末にiPhoneやApple Watchをかざすだけで、QRコード決済と共通のLINE Pay残高で支払いができる。

 LINE Pay残高による支払いを行う際には、iD端末にかざす前にLINEアプリ上のLINE PayメニューにあるApple Payボタンをタップする必要がある。また、Touch ID搭載iPhoneならホームボタンを、Face ID搭載のiPhoneまたはApple Watchならサイドボタンをダブルクリックする。
 
「LINE Pay」における「Apple Pay」設定手順

 その他、LINE Pay残高をiDとして決済可能にする仕組みとして、Apple Pay設定時にVisa加盟店でのオンラインショッピングにも使えるバーチャルカード「Visa LINE Payプリペイドカード」の発行を行う。また、JCBのプリペイドカード「LINE Payカード」の新規発行を12月22日をもって終了するとともに、QUICPay+への新規登録を順次終了する。

オススメの記事