• ホーム
  • 業界動向
  • 「Go To トラベル」は20代の利用が男女とも高く、LINEリサーチ調べ

「Go To トラベル」は20代の利用が男女とも高く、LINEリサーチ調べ

データ

2020/12/09 18:30

 LINEは、同社が運営するスマートフォン専用リサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」が、全国の15~59歳の男女を対象に実施した、「Go Toトラベル」「Go To Eat」「Go Toイベント」「Go To商店街」の利用状況に関する調査結果を12月8日に発表した。調査は、11月19~23日の期間に行われ、5252件の有効回答を得ている。

「Go Toトラベル」は3割強、「Go To Eat」は3割弱が利用経験あり

 調査対象者に、申し込みや予約を含めて利用したことのある「Go To」キャンペーンを尋ねたところ、約半数の人が何らかの「Go To」キャンペーンを利用したことがあることが分かった。

 最も利用したことのある割合が高かったのは「Go Toトラベル」で、全体では3割強に達しており、20代の利用率が高く、女性の方が男性より高い。また、「利用していない/わからない」と回答した割合は、10代が他の年代よりも高かった。

 「Go To Eat」の利用割合は3割弱で、20~40代の利用率が高く、20代以降で男女による差がないものの、10代で女性の方が利用率が高い。
 
6割強が何らかの「Go To」キャンペーンを使ってみたい/使う予定

 今後の「Go To」キャンペーンの利用意向を尋ねた質問では、6割強が何らかのGo Toキャンペーンを使ってみたい/使う予定と答えており、特に20代と30代の利用意向が高かった。

 使ってみたい/使う予定のキャンペーンについては、「Go To Eat」が最も多く、Go Toトラベルがそれに続いている。

 年代別では、Go Toトラベルが男女とも20代の利用意向が高く、特に女性で6割を上回った。30代以降では、男性が女性よりもやや高い傾向がみられる。

 Go To Eatは、10~30代の女性で利用意向が高く、いずれの年代も5割を超えている。男性では、30代・40代で約5割と利用意向が高く、10代で男性が3割強だったのに対して、女性が約5割だった。

 「使ってみたい・使う予定のものはない」という回答は、いずれの年代も20%前後だったが、10代の男性で34%と高い結果となっている。

オススメの記事