• ホーム
  • トレンド
  • 1980円・最短2時間半で結果が分かる、東京駅前にPCR検査場オープンへ

1980円・最短2時間半で結果が分かる、東京駅前にPCR検査場オープンへ

販売戦略

2020/12/09 17:30

 ダナフォームの子会社であるスマートアンプステーション ダナフォームは、新型コロナウイルス感染症の検査を行う「SmartAmp Station“駅前検査”」を、12月10日に東京駅八重洲南口から徒歩4分の場所にオープンする。


 SmartAmp Station“駅前検査”では、理化学研究所と神奈川県衛生研究所が共同開発した新型コロナウイルス感染症の次世代PCR検査法「PCR/SmartAmp法(スマートアンプ法)」を使用することで、安く、早く、安全に新型コロナウイルス感染症の検査ができる環境を提供する。

 検査のための唾液採取に必要な時間は30秒で、PCR/SmartAmp法の採用によって従来なら約2時間かかった検査にかかる時間を、約40分に短縮した。

 税込み価格は、検査結果を翌日に通知する「来店採取(通常通知)」が1980円、検査結果を当日に通知する「来店採取(クイック通知)」が9900円で、その他「来店採取(特急通知)」(要・問い合わせ)も用意している。また、法人・団体契約の場合は1検体当たり1980円で、12月14日から郵送採取(検査結果は検体到着の翌日に通知)も税込み2200円で実施する。

 営業時間は9時~18時30分。土曜・日曜・祝日は休業となっている。

オススメの記事