• ホーム
  • トレンド
  • 三叶商事、発熱者を0.35秒で検知する「額測温顔認識アクセスコントローラ」

三叶商事、発熱者を0.35秒で検知する「額測温顔認識アクセスコントローラ」

販売戦略

2020/11/18 12:30

 三叶商事は、Dahua(中国)の非接触式人体測温と顔認証が可能な入退室管理システムとして、非接触型人体測温システムのシリーズ「額測温顔認識アクセスコントローラ」を発表した。

わずか0.35秒で検温位置を捕捉して測定結果を表示

 額測温顔認識アクセスコントローラは、より多くの小規模企業でも導入しやすいように上位機種の高性能をもちながら低コストで導入できるようにした。検温の省人化と検温スタッフの感染防止を支援する。
 
「額測温顔認識アクセスコントローラ」

 具体的には、セキュリティカメラ世界トップシェアをもつ独自アルゴリズムのAI顔認証で、高い精度でユーザーを判別するほか、わずか0.35秒で検温位置を捕捉して測定結果を表示する。また、検温対象者との接触を最小限に抑え、感染拡大防止につなげる。検温距離は1.5mで、短時間での検温により対象者の足を止めることなく結果を表示し、顔画像と検温結果を保存する。

 専用ツールの導入により、顔認証・検温結果をドア開錠や勤怠管理に活用することが可能。IP通信、USB抽出による各種管理連携方法にも対応している。さらに、専用サーバーを使うことで、社内・施設内の端末を一括で管理することができる。

オススメの記事