• ホーム
  • 業界動向
  • キャリアサブブランドの総合満足度、UQ mobileが714点でY!mobileが684点

キャリアサブブランドの総合満足度、UQ mobileが714点でY!mobileが684点

 MMD研究所は、「2020年11月キャリアサブブランドの満足度調査」の結果を11月11日に発表した。調査は、過去にMMD研究所が行った調査においてキャリアサブブランドを利用していると回答した15~69歳の男女600人に対して、10月16~18日の期間に行われている。

キャリアサブブランドの満足度はUQ mobileが全ての分野で1位を獲得
 
キャリアサブブランドで最も重視しているのは「月額料金の安さ」
「料金プランの分かりやすさ」「データ通信速度」


 調査対象者に、利用しているキャリアサブブランドの通信サービスで最も重視している点を尋ねたところ、「月額料金の安さ」(66.3%)が多く、「料金プランの分かりやすさ」(7.0%)、「データ通信速度」(6.0%)が続いた。
 
Y!mobile、UQ mobileともにユーザーは「月額料金の安さ」を最も重視

 サービス別でみると、「Y!mobile」「UQ mobile」どちらも「月額料金の安さ」が1位となっている。
 
総合満足度は「UQ mobile」が714点、「Y!mobile」が684点

 利用しているキャリアサブブランドの満足度を、「料金部門」「サービス部門」「通信品質部門」「顧客サポート部門」の4分野で尋ねた質問では、全ての分野でUQ mobileがトップを獲得。総合満足度は、UQ mobileが714点、Y!mobileが684点だった。
 
キャリアサブブランドのNPSはマイナス23.6

 利用しているキャリアサブブランドを、家族や友人にすすめたいかどうかを10点満点で採点してもらい、NPS(ネット・プロモーター・スコア/顧客推奨度)を算出したところ、9~10点をつけた推奨者が17.2%、7~8点をつけた中立者が42.0%、0~6点を付けた批判者が40.8%となり、推奨者から批判者を引いたNPSはマイナス23.6となっている。サービス別のNPSは、UQ mobileがマイナス16.6、Y!mobileがマイナス30.6だった。

オススメの記事