ノジマ、純利益が前年同期比“4倍” 2020年第2四半期決算

経営戦略

2020/11/04 15:48

 ノジマの2021年3月期第2四半期(2020年4月1日~9月30日)連結決算は、売上高が2407億8700万円(前年同期比10.7%減)、営業利益が175億500万円(同49.2%増)、経常利益が441億9900万円(239.1%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益が382億6900万円(313.6%増)だった。

グラフはノジマの2021年3月期第2四半期決算短信をもとにBCNで作成

 セグメント別でみると、家電事業は有機ELテレビに加え、テレワークで使用するPCや周辺機器などデジタル商品の販売が好調に推移。外出自粛などで需要が郊外店などに寄ったことから、売上高が1181億2000万円(3.6%増)、経常利益が125億9300万円(49.3%増)となった。

 インターネット接続事業では、在宅時間やテレワークの増加などによって、ブロードバンドの利用も増え、「@nifty光」や「ドコモ光」の新規契約数が伸びた。また、高品質な光回線の販売を強化した結果、売上高が232億7100万円(3.4%減)、経常利益が21億1500万円(41.8%増)となった。

 キャリアショップ事業では、新型コロナウイルスの影響で販売台数が減少したが、キャリアショップのクオリティごとに販管費を見直した結果、売上高が前年同期比23.8%減の792億300万円でも経常利益が同38.1%増の34億7400万円になった。

 海外事業も、売上高が38.0%減の176億400万円だったが、不採算店舗の閉鎖や販管費の適正化などの構造改革を行った結果、経常利益が6億4000万円(56.3%増)になった。

オススメの記事