• ホーム
  • トレンド
  • 楽天トラベル、国内宿泊の「GoToトラベルキャンペーン」適用を1予約1部屋に制限

楽天トラベル、国内宿泊の「GoToトラベルキャンペーン」適用を1予約1部屋に制限

販売戦略

2020/10/09 19:30

 楽天トラベルは、10月8日に国内宿泊の「GoToトラベルキャンペーンクーポン(最大35%OFFクーポン)」の利用条件を変更し、1会員当たりの利用上限枚数を1枚(1予約1部屋)に制限した。

楽天トラベルの告知

 変更前の「【国内宿泊】<GoToトラベル>1月までのご宿泊で使える最大35%OFFクーポン」が配布枚数上限に達したため。獲得済みで未使用の同クーポンも利用できなくなった。変更後のクーポンは、先着利用88万枚限定。
 
Go To トラベルキャンペーンによる割引シミュレーション結果(旅行人数3人の場合

 官民挙げて旅行や飲食の需要を喚起するGo To キャンペーンの中核、国土交通省の「Go To トラベル事業」は、トラベル・Eat(イート)・イベント・商店街と四つのカテゴリのうち最大の予算が設定されている。管轄する観光庁の最新の発表によると、まだ予算は事業全体の9割以上残っている(9月15日時点の速報値)。

 つまり、楽天トラベルに利用が集中していると考えられるが、その要因として、旅行代金に応じて最大1人1泊当たり6000円もらえる、旅行先の飲食店などで利用可能な「地域共通クーポン」が「紙クーポン」だからだろう。
 
地域共通クーポンの「紙クーポン」のイメージ

 地域共通クーポンは紙クーポン(商品券)、電子(デジタル)クーポンに分かれ、現時点で紙クーポンのみ取り扱う店舗が多い。また、紙クーポンならば条件に該当するエリアのビックカメラヨドバシカメラといった家電量販店でも利用できるので、旅行の土産に欲しかった家電・デジタル製品が買えると話題となっている。なお、地域共通クーポンの利用期間は、紙・デジタルとも宿泊旅行の場合は宿泊日とその翌日、日帰り旅行の場合は当日限り。

 JR東海ツアーズに至っては、「GoToトラベル事務局から割り当てられた給付金枠に達した」として、京都・奈良・滋賀・和歌山・兵庫の5県、四国4県への旅行商品・宿泊は、現在、Go To トラベルキャンペーンの割引対象としての販売を見合わせている。
 
JR東海ツアーズの告知

 10月1日の本格開始からわずか10日足らずで、Go To トラベルキャンペーンは地域共通クーポンの使い勝手の差や予算配分の偏りが露呈した格好だ。さらに利用しやすいキャンペーンとなるよう是正されることを願いつつ、キャンペーンを利用予定なら早めに予約を入れよう。(BCN・嵯峨野 芙美)
 

オススメの記事