ビックカメラ初の本格的なアウトドア専門店となる「ビックアウトドア 立川店」(東京・立川市)が10月8日、JR立川駅北口からすぐのビックカメラ立川店8階にオープンした。ビックカメラならではの「家電のある、アウトドアスタイル」として、キャンプなどで使える家電を織り混ぜながら1万5000点のアイテムを展示。キャンプの初心者から上級者、20代の若者から家族連れ、シニアまで幅広い客層の取り込みを狙う。

10月8日にオープンした「ビックアウトドア 立川店」

キャンプ需要が高い立川店

 初出店を立川店に選んだ理由について、眞木内隆店長は「近隣には昭和記念公園のバーベキューガーデンのほか、キャンプ施設も多く、アウトドアとの親和性が高い。新しいお客様や、ビックカメラのファンでアウトドアを始めたいと思っていたお客様に提案していきたい」と語った。JR中央線の立川駅から先は、高尾山やあきるの市など、アウトドアを身近に楽しめるエリアが広がる。こうしたスポットを利用するユーザーもターゲットにしている。

 今回の出店は、新型コロナ以前から顧客の要望もあり計画していたものだが、「コロナ禍でキャンプ需要も伸びているのでしっかり対応していきたい」と、眞木内店長は今後の需要の拡大に期待を寄せる。
 
眞木内隆店長(右)とアウトドアの資格を持つスポーツ事業部の柳澤隆也主任

 売場面積は約1000平方メートル。店員10人のほか、メーカーからの応援として入る登山ガイド1人で運営する。スタッフの選出については、社内から趣味で実際にアウトドアに詳しい人を公募したという。実際、取材に応じたスポーツ事業部の柳澤隆也主任は、日本オートキャンプ協会のインストラクターの資格を持つほどだ。

イメージしやすい「シーン別キャンプ」の展示

 さっそく売り場を見てみよう。エスカレータで上がった正面で目立つのが「エントリーキャンプ」だ。2~3人用のテントを張る形で、チェアや折りたたむと厚さ3センチになるポータブルグリルなどと一緒に、LEDランタンや食器などを展示。新型コロナの感染対策をしながら、寝袋などが敷いてあるテントの中に入ることもできる。
 
2~3人向けの「エントリーキャンプ」

 エントリーキャンプを正面にした左側には4~5人向けの「ファミリーキャンプ」が広がる。日光を90%ブロックして温度上昇を防ぐテントには収納棚やランタンスタンドまでそろえたキッチンテーブルを用意。その上には保冷保温庫があったり、ポータブルバッテリー、トースター、ジューサーなど家電が並んだりしている。テントの中には、ポータブルプロジェクターで映像が映し出され、音楽が流れるなど、家族みんなで楽しむ様子がイメージできる。
 
日帰りの「デイキャンプ」

 日帰りで気軽に楽しみたい人には「デイキャンプ」コーナーがおすすめだ。軽量でコンパクトに収納できるテーブルやベンチと一緒に、持ち運びが楽になる収納バッグ、生地を丸洗いできるカーゴキャリーなど、後片付けの際の手間を軽減するための一工夫を紹介している。
 
再びブームの「ソロキャンプ」

 在宅勤務で仕事と生活のオンオフの切り替えが難しい一人暮らし向けに、再びブームとなっている「ソロキャンプ」も注目だ。1人用の寝袋サイズの1kg以下のテントやチェア、最小限の調理小物などを展示している。
 
ソロキャンプ向けの最小限の調理アイテム

 特に、チェアなどはネット通販で見ただけでは座り心地までわからない。ビックアウトドアなら豊富なチェアが並べられて、実際に座って確かめることができるのもうれしい。
 
ネット通販ではわからない座り心地が確認できる
 
キッチン用品もカラフルで女性も楽しめる

 ほかにも、テーブルウェアやキッチン用品、ビックカメラ初となるアウトドア用のアパレルなど見どころ満載。キャンプやアウトドアというと男性ユーザーをイメージしがちかもしれないが、子供向けや女性向けのカラフルなグッズも多く取り揃えているし、同じフロアにはサイゼリアも入っているので、子供たちが少し疲れているようならサイゼリアで休憩するといったこともできる。
 
同じフロアにサイゼリアがあるので疲れたら休憩できる

 実際にフロアを歩いているだけで時間を忘れてしまうほど、いろいろと想像しながら楽しめる売り場になっている。眞木内店長は「家の中でキャンプを楽しむ方も増えているので、それをサポートする家電も展示している」と語る。キャンプに対するハードルが高いなら、まずはインドアからキャンプ気分を味わってみるのもいいだろう。(BCN・細田 立圭志)