ヤマップは、登山アプリ「YAMAP」が200万ダウンロードを突破したと9月23日に発表した。

「YAMAP」アプリのダウンロード数、提供開始から6年で200万を突破

 YAMAPは、2013年3月に提供を開始したスマートフォンに搭載されているGPSとオリジナルの地図をマッピングすることで、電波の届かない山の中でも自身の現在地と行き先が分かるアプリサービス。

 高価な登山用GPSがなくても、山での遭難や道迷い事故を防げるサービスとして登山者から信頼・評価されており、200万ダウンロードは国内登山人口の約3割に相当し、登山アプリとしてのシェアが国内トップとなる。
 
「YAMAP」ユーザーの軌跡データによる新たな登山道を提供する取り組みのイメージ

 そのほか、ヤマップでは8月にYAMAPユーザーの軌跡データから新たな登山ルートを抽出・地図に反映して、新たな登山道を提供する取り組みを開始したほか、登山・アウトドア用品のセレクトオンラインストア「YAMAP STORE」や、1日単位で入れる「YAMAP登山保険」など、関連事業も前年比+200%以上のペースで急成長している。