TBSテレビは、同社が開発した文字起こしエディタ「もじこ」を吉積情報にライセンス提供し、一般企業への販売を9月23日に開始した。

多彩な機能を搭載しつつ、直感的な操作が可能な文字起こしエディタ

 もじこは、TBSテレビが開発したAI音声認識技術を使った文字起こしエディタサービスで、取材した音声・動画ファイルといった素材を、IT各社の最新AI音声認識エンジンを活用して自動でテキスト化した後に、正しく認識されていない文章を人間が即座に修正・編集できるよう開発されている。

 素材ファイルは、AI音声認識エンジンによって文字起こしされ、人手による修正、テキスト化が終わった箇所からの聞きたい場所だけの繰り返し再生、タイムコードとの連携、サムネイル画像の表示、話者の設定、メモの挿入など多彩な機能を搭載するとともに、誰でも直感的に使える操作性を実現した。また、AI認識エンジンは世界125以上の言語に対応したGoogle Cloud Speech to Text APIと、日本語の文字起こしに特化したAmiVoiceのどちらかを選べる。

 なお、TBSテレビでの利用実績に基づく検証では、通常なら人力のみで素材長の約6~10倍の時間がかかる文字起こしが、もじこを利用することで素材長の約3倍程度に抑えられる。