マイナポイント事業の後押しもあり、スマートフォン(スマホ)決済などのキャッシュレス決済を利用するユーザーがじわじわと増えてきている。9月17日には、PayPayがサービス開始2周年を記念した「超PayPay祭」の開催を決定した。これは、2015年から実施してきた国内最大級の“お買い物の祭典”「いい(11)買物の日」を一新したものでもある。このほかにも、今秋は各社がお得なキャンペーンを打ち出している。

PayPayは秋が超お得! 9月・10月の主要キャンペーンは?

 10月の超PayPay祭が話題のPayPayだが、9月の月替わりキャンペーンも見逃せない。「ペイペイジャンボ」と「またまたオンラインがお得!10%戻ってくるキャンペーン」を開催しており、「指定のオンラインストア」で決済すると必ず10~20%が戻ってきて、かつ抽選に当たれば追加で決済金額の全額もしくは10%が戻ってくる。
 

 ペイペイジャンボの還元上限は10万円相当/期間。還元キャンペーンの還元上限は5000円相当/回・期間。9月後半になって対象に加わった店舗やサービスも多いので、まだ還元上限に達していないユーザーは公式ホームページを確認してみることをおすすめしたい。

 メーカー単独のコラボでは、「花王」の対象商品を税込み1000円以上購入すると最大40%分のPayPayボーナスを還元するキャンペーンに注目したい。還元上限は、1000円相当/回、2000円相当/期間。対象店舗はPayPayに対応するドラッグストアや家電量販店(一部を除く)。高還元なので日頃から使っている商品があるなら迷わず利用したいところだ。
 

 冒頭でも言及した「超PayPay祭」は、10月17日にスタートする。初日は、1日限定で抽選で決済金額の全額(100%)のPayPayボーナスを付与する「超PayPay祭!オープニングジャンボ」を開催。当選確率は「3回に1回」で、1等が100%還元、2等が10%還元、3等が2%還元となっている。
 

 超PayPay祭自体は11月15日まで行われ、その期間で「PayPayピックアップ」や「Coke ON」、有名飲食チェーンなどで最大20%還元を実施する予定だ。従来実施してきた「いい(11)買物の日」同様にオフライン・オンライン問わずのキャンペーンが目白押しであることは間違いないので、期待ながら続報を待ちたい。

au PAYはスーパーでお得に使いやすく!

 au PAYが8月1日~9月30日で実施している「スーパーマーケット×au PAYキャンペーン」は、対象店舗で最大10%還元するというもの。還元上限は、1au ID当たり1回500ポイント/月1500ポイント。今月に入って対象店舗が広がっており、10日にイトーヨーカドー、16日にヨークマート・ヨークフーズ・ヨークプライス・コンフォートマーケットで対応した。
 

 20%の高還元率キャンペーンを展開しているのがユニクロ。au PAY×ユニクロ キャンペーン! ユニクロにてPonta ポイント最大20%還元!」を開催している。還元上限は800ポイント/回、3000ポイント/期間。ユニクロオンラインストアやジーユーは対象外という点に注意してほしい。
 

 ステータスによって還元率が変動する「ローソンでau PAY ご利用で誰でもポイント増量中!」もまだまだ開催中。ローソンでau PAY(コード支払い)、au PAY カードなど、対象の支払い方法で支払うと4%、毎月3日・13日・23日の「三太郎の日」が誰でも7%、auユーザーが10%、「auスマートパスプレミアム会員」がそれに3%上乗せして還元する。ポイント還元上限は3000ポイント/月。
 

9月のd払いは使えば使うほど還元率アップ!

 d払いは、「お買物ラリー 9月はスーパー・飲食・アミューズメント・ネットのお店でdポイント最大+30%還元!」を実施中。キャンペーンページからエントリーの上、期間中に対象カテゴリ(スーパー・飲食・アミューズメント・交通・ネット)のキャンペーン実施店舗1店舗で購入すると支払総額の10%、異なるブランド2店舗以上で購入すると30%のdポイント(期間・用途限定)を付与する。
 

メルぺイは指定の店舗で20%還元を9月16日に開始

 9月16日にメルペイは、「全国のお店を応援!メルペイ20%還元キャンペーン」を開始。対象となるのは、読み取り式のコード決済を導入している店舗で、ユーザーがアプリ内の「使えるお店」を使って調べる必要がある。キャンペーン対象店舗には、それを示すマークが表示されている。還元上限は、500ポイント/期間、200ポイント/回。
 

 巷ではドコモ口座に端を発する不正引き出し問題で、キャッシュレス決済の安全性を危惧する声も出ているが、2段階認証などをしっかり行っていればこうした事態は避けられる。自分が使用している決済手段のセキュリティも意識しながら、お得なキャンペーンを使いこなしてほしい。(BCN・大蔵大輔)