東京電力エナジーパートナー(東電EP)は、顧客の暮らしをサポートする「くらしTEPCO」のサービス拡充として、“いつもケア”に「ハウスクリーニング」と「フロアコーティング」を、“もしもケア”に「自転車保険」を追加し、9月10日に受付を開始した。


 いつもケアは、普段(いつも)の生活を快適にするサービス。今回新たに追加したハウスクリーニングでは、「エアコン」「浴室」「レンジフード」の三つのメニューを提供する。

 エアコンは、エアコン内部やフィルターなど、家庭で取り切れないカビやホコリも、プロの技術と専用機材で隅々まで分解洗浄し、最後はオリジナル防カビ剤で仕上げる。

 浴室は、湿気によるカビや水あか、皮脂汚れ、石鹸かすなどを、それぞれに合った洗剤や方法で掃除し、浴槽・壁・床・天井・窓などのお風呂場一式をピカピカに仕上げる。

 レンジフードは、キッチンのべたつきの原因にもなる換気扇のしつこい油汚れなどをプロが分解洗浄で一掃する。

 また、フロアコーティングでは、「キッチン(I型)」「浴室(通常タイプ)」「フローリング」の三つのメニューを用意した。床の黒ずみや水まわりの汚れなど、掃除のプロがしっかり落とし、最新のコーティング技術で新品のような輝き、キレイを再生する。人体に有害な物質を使用せず、嫌な臭いもない。耐久性は約10年。はっ水効果で汚れと傷が付きにくく、きれいが長持ちし、毎日のお手入れの手間を省くことができる。

 もしもケアは、住宅設備などのトラブルが発生した緊急時(もしも)に応急処置や修理にかけつけるサービス。新たに追加した自転車保険は、自転車事故に備える保険で、相手への賠償責任補償は最大3億円まで。さらに、保険会社による示談サービスに加え、自転車事故のほか、交通事故による自身のけがも補償する充実したサポートが受けられる。

 なお、今回の新サービスについては、くらしTEPCO内の各サービスのページから申し込むと、提携先参考価格と比べてお得(自転車保険は除く)になるという。

 税別価格は、ハウスクリーニングのエアコンが9900円から(提携先参考価格1万1000円)、浴室が1万3500円から(同1万5000円)、レンジフードが1万3500円から(同1万5000円)。フロアコーティングのキッチン(I型)が5万1000円から(同6万円)、浴室(通常タイプ)が6万8000円から(同8万円)、フローリングが4250円/平米から(同5700円/平米)。自転車保険(非課税)は、本人/Cコースが3990円、本人/Aコースが7230円、家族/Aコースが1万3980円。