トラストパークが代表を務める九州周遊観光活性化コンソーシアムは、同コンソーシアムが運営する「車泊(くるまはく)」事業において、8月度に軒先パーキングのプラットフォームで前年同期比で予約件数が約2倍、取扱高が2.8倍に急伸したことを9月8日に発表した。

「車泊」事業における8月の軒先パーキングが前年同期比で予約件数約2倍、取扱高2.8倍に

 新型コロナウイルス感染症の影響で、観光業は大きく落ち込みをみせているものの、感染拡大予防と地域経済活性化を両立できるマイクロツーリズムは注目を集めている。中でも、他人と接触する心配がなく、プライベートな時間を大自然の中で楽しめる、自家用車やキャンピングカーを利活用した「車泊」は好調で、緊急事態宣言が解除された5月末から需要が急増している。8月の車泊利用のうち、93%は九州地方の在住者によるものだった。
 
8月の「車泊」利用者は9割が九州地方在住

 車泊は、九州各地の観光振興を目的として、不稼働時間帯の駐車場や未活用の遊休地に車中泊が可能になるルール整備と、無人運用できる電源提供型の駐車管理システムを導入する実証事業。
 
熊本県和水町の「道の駅 きくすい」(上)と長崎県川棚町の「国民宿舎くじゃく荘」における「車泊」
利用イメージ

 現在、福岡県那珂川市「那珂川清滝」、福岡県大木町「道の駅 おおき」、佐賀県有田町「幸楽窯」、熊本県和水町「道の駅 きくすい」、熊本県玉名市「草枕温泉てんすい」、熊本県南阿蘇村「道の駅 あそ望の郷くぎの」、熊本県錦町「道の駅 錦」、熊本県五木村「道の駅子守唄の里 五木」、長崎県川棚町「国民宿舎くじゃく荘」、長崎県島原市「島原城」、山口県下関市「あるかぽーと」などで展開している。