DeNA、完全QRチケット制の実証実験 新型コロナ対策に期待

販売戦略

2020/08/20 18:09

 横浜DeNAベイスターズは、新型コロナウイルス対策の実証実験として、9月8日~10日に行う阪神タイガース戦において、全てをQRコード利用チケット(QRチケット)にすると発表した。

『YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2020 Supported by 横浜銀行
レプリカ版スペシャルユニフォーム付きチケットは「QRチケット」になる

 QRコードは、購入完了メールなどに記載されているURLにアクセスし、サイトに記載されている手順に従ってQRチケット表示用のURLを取得する。試合当日は、先に取得した表示用URLにアクセスすることで、QRコードを表示することができる。紙に印刷する際も同様の手順で端末に表示し、プリントアウトする。

 入場口では、QRコードを読み取り端末にかざす。認証後、「座席券」が発行されるので、必ず受け取り場内に入場する。座席券は、各ゲートでの往来時に提示するので、大切に保管したい。1つのQRチケットにつき、1回まで入場することができる。

 今回の取り組みは、各入場エントランスでの混雑緩和、入場時間の短縮、クルーとの接触機会の削減などコロナ対策を期待した実証実験。2021年以降の観戦体験を検討する上での試金石としている。

オススメの記事