• ホーム
  • 業界動向
  • シャープがローカル5G対応ルータを開発、実証実験などに提供予定

シャープがローカル5G対応ルータを開発、実証実験などに提供予定

トレンド

2020/08/18 17:57

 シャープは、同社が開発したローカル5Gに対応したルータ試作機を、ローカル5Gの実証実験やネットワーク検証用として、9月以降に提供を予定している。

ローカル5G対応ルータ

 ローカル5G対応ルータを通じて、カメラやFA機器、各種センサーなどを無線/有線でローカル5Gネットワークに接続することで、大容量データを受信時最大約3Gbps/受信時最大約600Mbps(どちらも理論値)の超高速データ通信で転送できる。

 Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)に対応しており、本体に2.5GBASE-T準拠の有線LANポート、USB 3.0ポートを搭載している。また、ローカル5Gとして2019年12月に制度化された28.2~28.3GHzに加えて、今後の割り当てが検討されている28.3~29.1GHz、4.6~4.9GHzにも対応する。

 バッテリ容量は4000mAh。サイズが幅157×高さ84×奥行き16mmで、重さが約270gとなっている。

オススメの記事