名古屋グランパスエイトとKDDIは、7月4日に再開する「2020明治安田生命J1リーグ」に向け、「MY HOME STADIUM - All for NAGOYA」プロジェクトのもとクラブ公式アプリ「名古屋グランパス公式アプリ」(7月7日提供予定)を通じて、ファミリー同士や、ファミリーとチームの双方向によるコミュニケーションを実現する。同アプリでは、リモートマッチ(無観客試合)の場合でも、スタジアムとファミリーが一体となった観戦体験を提供する。


 両社は、19年8月に締結した戦略的イノベーションパートナーシップを通じ、au 5GやIoTの活用による「より楽しく、スマートな観戦体験」の創出に取り組んでいる。一方、昨今の新型コロナウイルスの影響によるリーグ中断、再開後もリモートマッチが続くなど、ファン同士やファンとチームのコミュニケーションの在り方や観戦モデルの構築が課題となっている。

 そこで今回、両社で開発したクラブ公式アプリを活用し、自宅にいながら試合前後の「スタジアムを感じる」、試合中はファミリー同士やクラブマスコットなど多彩なゲストと動画付ライブチャットによる双方向のコミュニケーションで「応援でつながる」、事前に募集したファミリーが歌うチャントやファミリーの顔をスタジアムビジョンやLEDモニターに表示して「スタジアムに思いを届ける」という三つの取り組みを実施し、離れた場所でもファミリーとクラブが一体となった観戦体験を提供する。

 なお、当初2月から予定していた、「豊田スタジアム」でのau 5Gを活用した新たな観戦体験の提供は、時期を改めて実施する予定。今後は、リモート観戦・スタジアム観戦いずれも楽しめるよう取り組んでいく考え。