香港のMad Catzは、トーナメントグレードのジョイスティック高耐久ボタンを採用したアーケードスティック「EGO Arcade FightStick」と、ゲームパッド「C.A.T. 7」、ハイエンドゲーミングマウス「R.A.T. PRO X3 Supreme Edition」、ゲーミングマウス「R.A.T. 8+ ADV」を8月下旬に発売する。価格はいずれもオープン。

EGO Arcade FightStick

 EGO Arcade FightStickは、トーナメントグレードの8方向三和電子製ボールトップジョイスティックと、高耐久ボタンを採用したUSB接続のアーケードスティック。ボタンレイアウトは「Vewlix」スタイルを正確に踏襲しており、カスタマイズ性に優れたMODフレンドリーな設計によって、トップパネル、ジョイスティック、ボタンをカスタマイズできる。

 対応機種は、PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch、PC(Windows Direct+Xinput)。税込みの実勢価格は2万円前後の見込み。
 
C.A.T. 7

 C.A.T. 7は、人間工学に基づいて設計され、長時間でも快適なプレーが可能なUSB接続のゲームパッド。2種類のプロファイル管理とマクロ機能によって、複雑な操作を簡単に実行でき、2基のタクトボタンと4基のパドルへのさまざまな操作の割り当てを可能にしている。また、重要なプレーヤー情報と設定情報を表示するOLEDパネルを搭載する。

 対応機種は、PC(Windows Direct+Xinput)、PlayStation 3。税込みの実勢価格は8000円前後の見込み。
 
R.A.T. PRO X3 Supreme Edition

 R.A.T. PRO X3 Supreme Editionは、「Year of the RAT(ねずみ年)」にあわせて企画された、最大1万6000DPIの光学センサーを搭載したゲーミングマウスの限定モデル。主要なコンポーネントパーツであるパームレスト、スクロールホイール、小指レスト、親指レストは、交換や調整することができ、108種類の組み合わせから理想に合ったゲーミングマウスの作成が可能なため、プロゲーマーに適している。

 対応OSは、Windows 10/8.1/8/7。税込みの実勢価格は3万円前後の見込み。
 
R.A.T. 8+ ADV

 R.A.T. 8+ ADVは、最大2万DPIのセンサーを備えており、ターゲット追跡時の驚異的な精度を保証し、対戦中に完璧なバランスと瞬時の応答性を提供する、プロゲーマー向けに設計されたゲーミングマウス。平均寿命6000万回超の高耐久スイッチを搭載している。

 対応OSは、Windows 10/8.1/8/7。税込みの実勢価格は1万5000円前後の見込みとなっている。