ボイスメディア「Voicy」を運営するVoicyは、福岡eスポーツ協会 会長の中島賢一氏による新チャンネル「ファンファン!eスポーツ」の放送を7月にスタートした。


 このチャンネルでは、デジタルゲームを競い合う「eスポーツ」について、専門家である中島氏の視点で語っていく。「eスポーツはビジネスになるのか?」「新しい文化になるのか?」「地方、地域の活性化につながるのか?」といった話題を通じて、eスポーツがもつ可能性を探っていく放送となっている。

 中島氏は、民間IT企業を経て、福岡県に入庁。福岡県でITやコンテンツ産業振興を活発に行い、ソフトウェア産業の中核拠点の福岡県Rubyコンテンツ産業振興センターを立ち上げる。13年4月から福岡市に移籍。ゲーム・映像係長や創業支援係長として、ゲーム、映像などのクリエーティブ分野やスタートアップ企業のビジネス支援に奔走した。

 その後、福岡アジア都市研究所で都市政策をベースとした研究事業のコーディネータとして活動し、18年9月に福岡eスポーツ協会を立ち上げる。19年4月「楽しい」でもっと世の中を良くしようとNTT西日本に移籍。プライベートでは、14年以上にわたってトレーディングカードゲームのイベントを開催し、子どもたちからデュエルマスターと称されている。

 現在、Voicyではパーソナリティを応援する企業スポンサーを募集している。パーソナリティが自らの声でスポンサー企業を放送内で紹介することで、企業・サービスの認知と好感につながるという。