KADOKAWAのゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、2020年上半期の国内家庭用ゲームソフトとハードの売上速報を、7月9日に発表した。集計期間は、2019年12月30日~6月28日。

ゲームソフトの2020年上半期ランキングは、
1位が「あつまれ どうぶつの森」、2位が「ファイナルファンタジーⅦ リメイク」

 ゲームソフトの20年上半期ランキング1位は「あつまれ どうぶつの森」(任天堂/Nintendo Switch)で、500.5万本を販売している。Nintendo Switch向けタイトル歴代最高の販売本数を更新し、10年ぶりにパッケージ版単独で累計500万本を達成した。

 2位には、「ファイナルファンタジーⅦ リメイク」(スクウェア・エニックス/PS4)がランクインしている。
 
2020年上半期の国内家庭用ゲーム市場規模はハード、ソフトともに前年度からプラスに

 20年上半期の国内家庭用ゲーム市場規模は、ハードが793.4億円(昨年対比120.0%)、ソフトが954.7億円(同129.0%)、ハード・ソフト合計で1748.1億円(同124.8%)だった。あつまれ どうぶつの森の発売によって、Nintendo Switchが好調に推移し、上半期として12年以降、最大の市場規模となっている。

 なお、ソフト、ハード両方の市場がプラスになるのは、06年上半期以来で14年ぶりとなる。