• ホーム
  • 業界動向
  • 伊藤忠、ファミマを完全子会社化 一部店舗は実証実験の場に

伊藤忠、ファミマを完全子会社化 一部店舗は実証実験の場に

経営戦略

2020/07/08 19:02

 伊藤忠商事は7月8日、コンビニエンスストア大手のファミリーマートを完全子会社化すると発表した。これに際し、株式の公開買い付けを行う。完全子会社化後は、伊藤忠のリソースを活かして物流の最適化を図るほか、新しいビジネスモデルの創出にも着手するという。

伊藤忠商事がファミマを完全子会社化する

 ECの台頭やコンビニ市場の飽和がささやかれるなか、伊藤忠はファミマの持つ約1万6500店舗に1日で約1500万人が来店する「消費者接点の強み」に着目。伊藤忠の持つ経営資源やネットワークを活用し、リアルとデジタルの融合による新たなビジネスの開拓を目指す。

 具体的には、ファミマの一部店舗を実証実験の場とする方針。人型AI技術やブロックチェーンなどを活用して、業務の合理化・効率化を図り、加盟店の負担を軽減する。また、荷物受け取りロッカーや配送など、消費者にとってより利便性の高いサービスの提供を実現するという。

 また、新たな海外事業展開も見据えている。伊藤忠商事のネットワークを活用し、各国で適切なパートナーと提携するよう支援。ファミマの新たな成長を促す狙いだ。

オススメの記事