オリンパスは、同社のミラーレス一眼カメラをWebカメラとして利用できるPC用ソフトウェアのベータ版「OM-D Webcam Beta」の無償提供を7月2日に開始した。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III 12-40mm PROレンズキット

 OM-D Webcam Betaに対応するのは、OM-D E-M1X、OM-D E-M1 Mark III、OM-D E-M1 Mark II、OM-D E-M1、OM-D E-M5 Mark II。最新のファームウェアにアップデートすると利用できるようになる。

 対応するOSはWindows 10のみ。ソフトウェアをPCにインストール後、USBケーブルでカメラとPCを接続し、カメラの電源を入れ、カメラのモニターで接続先としてPCを選択すると、ウェブカメラとして使用できるようになる。その後、Web会議アプリを起動し、デバイス設定メニューからOM-D Webcam Betaを選択すると、高画質な映像でWeb会議に参加できる。

 なお、ストリーミング中にカメラ本体で動画記録などを実施すると、ストリーミング映像の画質が低下するので注意したい。また、マイクは別で用意する必要がある。