ヤフーが運営するフリマアプリ「PayPayフリマ」は7月1日、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」で購入した商品を3ステップで簡単に出品できる機能の提供を開始した。同時に、新機能を使ってPayPayフリマに出品すると、1出品につき100ポイントで最大1000ポイントのZOZOポイントがもらえるキャンペーンを7月30日まで実施している。


 新機能はZOZOTOWNで購入した商品のうち発送完了から61日以上が経過すると、PayPayフリマのアプリ内に新しく設置した「持ち物リスト」に一覧表示される。ステップ1で、持ち物リストをタップ。ステップ2で、購入履歴から出店したい商品を選択。ステップ3で最小4項目の入力で出品が完了する。
 
出品するまでの手順

 ZOZOTOWNで購入した商品が持ち物リストにストックされて、一定期間が経過すると、そこから出品したい商品を選べばPayPayフリマにスムーズに出品できるのがミソだ。

 通常は商品を出品する際に「商品タイトル」や「商品説明」の入力、「出品カテゴリー」の設定などが必要になるが、新機能ではZOZOTOWNが保有するアイテムデータと連携して、商品に関する情報が出品フォームに自動的に反映される。商品スペックの調査や何項目も情報を入力する手間が省ける。
 

 新機能を記念したキャンペーンにおけるZOZOポイントの付与条件は、100円相当/1品、1000円相当/期間。ZOZOポイントの付与予定日は8月中旬の予定。