KDDIは、予告していたポイントサービス変更に関する詳細を発表した。2020年5月下旬以降、KDDIが付与する「au WALLET ポイント」は共通ポイントの「Pontaポイント」に変わり、Pontaカードを提示して、au PAY(コード支払い)/au PAYカード/au PAY プリペイドカードで支払うと、Pontaポイントがダブルでたまる。

【画像01】予定通り、2020年5月下旬以降、KDDIが付与するポイントが変わる

キャプション

 従来どおり、auサービスの利用でポイントがたまる・使えるほか、ローソン、ゲオ、高島屋、ライフ、ホームセンターユニディ、ビックカメラなど、Ponta提携社で購入すると、Pontaポイントがたまる。また、Pontaポイントをためる/使うと、通常は最終利用日(最終のポイント加算日またはポイント利用日)から1年間に有効期限が延長されるが、au通信料金の支払いにau PAYカードを設定するなど、au PAYカードを毎月利用すればPontaポイントが毎月加算され、有効期限が自動的に延長されるため、永久にポイントが利用できる。
 
Pontaポイントがたまる・つかえるお店(例)

 ユーザー自身で手続きが必要で、au PAYアプリでPontaカードを連携(auIDとPonta会員IDを連携)させると、ポイントがたまる・使えるお店が広がる。なお、今までためたau WALLET ポイントはPontaポイントとして使える。ID連携手続きの詳細はサービス開始以降、詳しく告知する。