• ホーム
  • トレンド
  • 緊急事態宣言下でパチンコ来店は2.2%、2割超がパチンコ店の営業再開に理解

緊急事態宣言下でパチンコ来店は2.2%、2割超がパチンコ店の営業再開に理解

データ

2020/05/12 09:30

 Wizleapは、同社が運営するオンライン保険相談サービス「ほけんROOM」のユーザーで18歳以上の1011人を対象に実施した「コロナ禍の中でのパチンコ店営業再開について」の意識調査の結果を5月9日に発表した。期間は、5月8~9日。

緊急事態宣言の発令以降にパチンコ店へ行った人は2.2%

 調査対象者に、緊急事態宣言の発令以降にパチンコ店に行ったかを尋ねたところ、「行った」と答えたのは22人(2.2%)で、うち2人がゴールデンウィーク中にパチンコ店に行ったと回答した。
 
8割超の人が自粛期間中にパチンコ店に行くことを「よくないと思う」

 自粛期間中にパチンコ店に行く人をどう思うかを尋ねた質問では、852人(84.2%)が「よくないと思う」、108人(10.7%)が「何も思わない」と答えている。なお、19人(1.9%)は「よいと思う」と回答した。

 「よくないと思う」理由が「パチンコ店は3密で感染のリスクがとても高いと思う。緊急事態宣言によって、多くの多くの人が自粛をしているのにもかかわらず、パチンコに行くのは人々のことを考えていない証拠だと思う」、「よいと思う」理由が「自粛ということで法律的に決められたことでもないし、個人が自由に決めるべきだと思う。人に移す移さないは打ちに行く人にいうのはナンセンス。政府に言わないといけない」といった意見が寄せられている。
 
約7割の人が新型コロナの影響下でのパチンコ店の営業再開に否定的

 パチンコ店の営業再開については、「再開すべきではないと思う」「どちらかと言えば再開すべきではないと思う」と答えた人が699人(69.2%)に達した。一方で、「再開すべきだと思う」「どちらかと言えば再開すべきではないと思う」という人も247人(24.5%)存在している。

 「再開すべきではないと思う」理由が「再開すれば必ずパチンコ店に人が集まる。残念だが、自分の欲望を抑えることができずに、また自分以外にもウィルス感染の危険にさらすという危機感がない人達が越県してくるだろう。人が集まると分かっているのなら再開すべきではない。以前のような生活を早く取り戻したいのなら今は辛抱すべきだと思う」、「再開すべきだと思う」理由が「再開してもコロナになるのかは、別の問題だと思う。パチンコ店は、ストレスの発散の場所と考えている人もいるし、昔からある娯楽としても必要と思う。早く再開をすべきだと思う」といった意見が寄せられた。

オススメの記事