例年であれば行楽やレジャーで賑わうGWだが、今年は新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛で自宅で過ごす時間が長くなりそうだ。すでに需要が急増しているのは飲食店のテイクアウトやデリバリーで、連休中も出番は多いだろう。今後の生活を見越して少しでも節約したいなら、スマートフォン決済サービスを実施しているお得なキャンペーンを利用するのがおすすめだ。

PayPayの外食チェーン20%還元は4月30日まで

 PayPayが4月1日から実施している、対象の飲食店でPayPay残高で決済すると、20%のPayPayボーナス(Yahoo!プレミアム会員は25%)を還元する「全国の有名飲食チェーンが対象!春のグルメまつりキャンペーン」は4月30日まで。テイクアウト&デリバリーに対応している店舗も多いので、積極的に利用していきたい。
 

 今回のキャンペーンは1回の付与上限が2000円相当と高く設定されている。期間中の上限は3000円相当なので、今からでも使い切るのは難しくない。家族で住んでいるなら、全員分を注文すれば上限にすぐに達するだろう。ストレス発散にたまには贅沢したいというなら、寿司チェーンなどの選択肢もある。
 

d払いの吉野家半額キャンペーンは5月10日まで

 d払いは、d払いアプリ内にオンラインから注文・決済ができる「吉野家ミニアプリ」の利用者限定で「吉野家 d払いミニアプリ限定! 50%dポイント還元キャンペーン」を実施している。

 還元上限は1アカウントにつき500ポイント。エントリー必須で、支払方法は残高払いもしくはdカードが対象になる(dカード以外のクレジットカードは対象外)。こちらの期間は5月10日までなので連休中も利用できる。
 

 食品通販サイトを対象にした20%還元キャンペーンも実施している。対象のサイトでd払いで支払うと、通常還元率の1%に加え、会計金額の20%相当のdポイントが還元される。

 対象の通販サイトは、格之進オンラインストア、平田牧場オンラインショップ、柿安オンラインショップ、大阪王将公式通販、ウルトラミックス本店。還元だけでなくサイトごとに異なる特典がついてくるのもうれしい。
 

LINE Payは生活応援クーポン配布中、4月30日まで

 「LINE Pay 生活応援クーポンプレゼント」として、全国の対象店舗で使える10%オフ/100円・200円割引クーポンを4月30日まで配布している。
 

 対象となる44のLINE Pay加盟店のうち、グループAから1枚、グループBから1枚、計2枚の好きなクーポンを選び、ダウンロードすると利用できる。グループAの対象カテゴリーはコンビニエンスストア、飲食チェーン、ドラッグストアで、それぞれ100円引き。

 グループBは主要家電量販店、食品スーパー「サミット」、ディスカウントストア「ミスターマックス」、近鉄百貨店、カメラのキタムラ、トイザらスなどが対象で、一部は100円・200円引き、その他は5000円を上限に10%オフとなる。

 政府から給付される10万円など、経済活動の停滞で圧迫した家計をサポートする手段が講じられているが、現在の状況はまだしばらくは続くことが予想される。先のことも見据えて、使える節約手段は積極的に利用していきたいところだ。(BCN・大蔵大輔)