マンダムは、15~29歳の女性442人を対象にSNSアップの写真について調査を実施した。調査は1月に行われている。それによれば、8割超の女性がSNSにアップする際に自撮りを加工しているという。

8割以上の女性がSNSへアップする自身の写真に加工済み写真を使用

 SNSに自身の写真をアップする際、加工済みの写真を使用するかを尋ねたところ、使用する女性は84.4%に達し、その半数が「いつも使用する」と回答した。
 
もっとも多く行われる画像加工は「肌をきれいに」

 SNSへのアップ前に行う画像加工の内容について尋ねた質問では、「肌をきれいに」(61.4%)が最も多く、「肌を白く」(42.9%)、「目を大きく」(41.8%)が続く。また、最も少なかったのは「髪型を変える」(5.6%)だった。
 
加工を行わない分、髪の写真写りが重視される

 SNSにアップする自身の写真において、最も重要なポイントは「整った髪型」(60.0%)が1位で、「自然な前髪」(56.8%)が2位となっている。