日本気象協会が3月5日、2020年桜の開花予想(第3回)を発表した。広い範囲で平年より10日前後早く開花し、特に東京都では記録的な早さになる見込みだ。ただ、都は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、宴会などを控えるように要請しており、今年の花見は散策しながら楽しむことになりそうだ。


 3月15日には、東京、名古屋、岐阜で開花する見通し。特に、東京は平年より11日早い予想。02年と13年の3月16日を抜いて、統計開始以来、もっとも早い開花になる可能性がある。

 名古屋や岐阜などでも、これまでで最も早い開花日を更新するという。3月月16日には福岡、横浜、熊谷など、17日には小田原、八王子、愛媛県宇和島で開花する見込み。3月末までには九州から関東、東北南部にかけて広い範囲で開花。4月上旬には東北北部で咲き始める。桜前線は4月下旬に津軽海峡をわたり、函館は4月22日、札幌は26日に開花するとしている。

満開日は開花日の1週間から10日後

 満開日も全国的に平年よりかなり早くなる見込み。予想満開日がもっとも早いのは東京と熊谷の3月24日で、平年より10日ほど早くなりそうだという。3月末には、九州から関東で満開になるところが多い見通しだ。
 
日本気象協会が作成した桜の満開予想

 しかし、東京都は飛沫・接触感染が懸念される新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、都立公園や河川敷で花見宴会などを控えるよう要請。散策しながら花見をする場合も、咳エチケットを徹底するなど、感染拡大防止への取り組みを呼びかけている。