キヤノンは、2月26~28日の3日間にわたって幕張メッセで開催される予定の「第28回3D&バーチャル リアリティ展(IVR)」への出展を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を懸念したためだ。

キヤノンは2月26~28日に開催される
「第28回3D&バーチャル リアリティ展(IVR)」への参加を中止した

 同展示会は、最先端の3D技術や超高精細の映像技術を見学、体験できる専門技術展。WHO(世界保健機関)と厚生労働省のガイドラインに沿って、新型コロナウイルス感染症対策を講じた上で開催する。

 キヤノンが同展示会で紹介する予定だった技術の一部は、テクノロジーサイトに掲載している。同社の光学技術と映像技術を結集した最新ヘッドマウントディスプレイ「MREAL DISPLAY MD-20」もその一つ。リアルサイズと自由視点を実現したMixed Reality(MR)を提供するという。