ファーストリテイリング傘下のユニクロとジーユーは、4月1日から国内全店舗でショッピングバッグを有料化し、1枚当たり税別10円で販売する。

ユニクロとジーユーの国内全店舗で導入している
環境配慮型紙製ショッピングバッグ

 同社は、環境負荷の低減を目的に、顧客の手に渡る使い捨てプラスチックを2020年中にグループ全体で2018年実績から85%(約7800トン)削減する目標を設定しており、これに向けた取り組みの一環として、19年9月からプラスチック製ショッピングバッグをFSC認証(森林認証)を受けた紙もしくは再生紙を使用した、環境配慮型の紙製への切り替えを進めてきた。

 今回のショッピングバッグの有料化は、ユニクロとジーユーの国内全店舗への紙製ショッピングバッグ導入にあわせて実施するもので、マイバッグの利用促進とショッピングバッグ全体の使用量削減に努めていく。

 商品パッケージについても、プラスチック製パッケージの撤廃、SFC認証を受けた紙などを使った代替パッケージへの切り替えを進めており、2019年秋冬シーズンからユニクロのルームシューズでプラスチック製パッケージを廃止したほか、2020年春夏シーズンのエアリズム一部商品などでも紙製ヘッダータイプのパッケージを導入する。

 2020年秋冬シーズンからは、ユニクロのヒートテックや、ジーユーの一部のインナー商品でも、代替素材パッケージへの切り替えを計画している。