スマートフォン(スマホ)決済サービス各社が高還元キャンペーンを連発している。PayPayが2月1日から対象の飲食店で40%還元、au PAYが2月10日に導入する全店舗で20%還元するキャンペーンを開始。かつて、スマホ決済ブームをもたらした100億円祭並みにお得になるチャンスが到来している。

PayPayは飲食店で40%還元! 3月はスーパーがお得

 PayPayは「全国6,500店舗以上の有名飲食チェーンで『40%戻ってくる』キャンペーン」を2月から実施中。全国6500以上の対象飲食店や21万台以上の自動販売機「Coke ON」が対象となっている。支払いを、チャージ済みのPayPay残高で行うと、支払った金額の最大50%(Yahoo!プレミアム会員50%、他は40%)をPayPayボーナスとして付与する。
 

 還元上限は500相当/回、1500円相当/期間。注意したいのは、ヤフーカードであっても支払先がクレジットカードだと対象外になってしまうということ。PayPay残高にチャージして利用するのを忘れないようにしたい。期間は2月29日まで。

 2月6日には早くも3月に開催されるキャンペーンが発表された。「10時~14時がおトク!春のスーパーマーケット大還元祭」と「春のクリーニングおトク祭り」だ。前者は10~14時の時間限定で対象のスーパーでPayPay残高から決済すると最大10%を還元、後者は対象のクリーニング店でPayPay残高から決済すると最大20%を還元する。

 10時~14時がおトク!春のスーパーマーケット大還元祭の付与上限は500円相当/回、3000円相当/期間。Yahoo!プレミアム会員が10%還元の対象で、それ以外のユーザーは5%還元になる。春のクリーニングおトク祭りの付与上限は500円相当/回、1500円相当/期間。Yahoo!プレミアム会員が20%還元の対象で、それ以外のユーザーは10%還元になる。
 

au PAYの20%還元キャンペーンは計画的な利用を!

 PayPayの40%還元に負けないインパクトがあるのが、2月10日にスタートするau PAYの「誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」だ。内容はユーザーが期間中にau PAYで買い物すると、会計金額の20%相当のau WALLETポイントを還元するというもの。還元率でいうとPayPayを下回るが、魅力的なのは対象店舗と還元の上限金額だ。
 

 今回のキャンペーンで対象になるのは、au PAYを導入する全店舗。また、還元の上限金額が最大7万円なので、単価が高い製品でもフルに20%還元のメリットを享受することができる。

 注意したいのは上限金額が期間ごとに設定されていることだ。ステージ1(2月10日~3月1日)が3万ポイント、ステージ2(3月2~22日)が3万ポイント、ステージ3(3月23~29日)が1万ポイントとなっているので、よく考えて利用したい。

 また、毎週10億円が還元総額として用意されており、上限に達したらその週のキャンペーンは終了する、というのも特殊。場合によっては月曜日や火曜日の早い段階で終了し、週末はお得にならないケースも十分にありうる。大きな買い物を考えているなら、週始めを狙いたいところだ。
 

d払いはドラッグストアやコンビニが狙い目!

 ソフトバンク系、au系と大手キャリアが運営するスマホ決済サービスのキャンペーンが目立つが、その最後の一角であるドコモ系のd払いのお得なキャンペーンも見逃せない。2月3日から対象のコンビニで決済すると10%還元する「コンビニ+10%還元キャンペーン」を実施している。
 

 キャンペーンポイントの付与上限は500ポイント/回、2000ポイント/期間。支払方法はdカード以外のクレジットカード払いは対象外となるので、注意したい。また、2月16日までとPayPayとau PAYのキャンペーンと比較すると、期間が短いことにも気をつけてほしい。
 

 また、2月4日に業務提携を発表したメルカリとのキャンペーンも注目だ。メルカリでd払いを利用すると購入金額の10%分のdポイントを還元する「メルカリでd払いを使うと+10%還元キャンペーン」を2月24日まで実施中。通常は決済1回につき100円の手数料がかかるが、期間中はこちらも無料になる。メルカリ内でここまでお得なキャンペーンを開催されることは少ないので、狙っている商品があるなら今がチャンスだ。(BCN・大蔵大輔)