• ホーム
  • 業界動向
  • 4月1日にMOVとJapanTaxiが統合へ、DeNAと日本交通がタクシー配車アプリ事業を新体制に

4月1日にMOVとJapanTaxiが統合へ、DeNAと日本交通がタクシー配車アプリ事業を新体制に

 ディー・エヌ・エーと日本交通ホールディングス(日本交通)は、タクシー配車アプリなどに関する事業を4月1日に統合することを2月4日に合意した。これによって、日本のタクシー産業の進化を支え、将来的には他産業との連携や自動運転を含む革新的な技術の導入によって、日本のMaaS(Mobility as a Service)領域での取り組みを加速していく。


 今回の統合では、DeNAが運営する次世代タクシー配車アプリ「MOV」などの事業と、日本交通の子会社であるJapanTaxiが運営するタクシーアプリ「JapanTaxi」などの事業を統合する予定。統合後は、JapanTaxiの共同筆頭株主が日本交通とDeNAとなり、社名も新たに新体制で事業を推進していく。

 新体制では、JapanTaxiが有する全国をカバーする幅広い展開エリアと提携台数、タクシー専用ハードウェアなどタクシー会社に向けたサービス開発力という強みと、MOV事業のAIやインターネットによる技術開発・サービスづくり、神奈川・東京・京阪神エリアでの事業基盤という強みを生かす。

 今回の統合によって、配車可能な車両数は約10万台となる予定。まずは、顧客に対してタクシー配車アプリによる新たなサービスの提供を行い、タクシー事業者に対してサービス向上を通じた経営基盤強化による生産性向上や公共交通機関としての安定的な輸送確保を支援する。

オススメの記事